FAQ

 

Q.ウイルス性肝炎とは?

A.ウイルス性肝炎とは、肝炎ウイルスに感染して肝臓の細胞が壊れていく病気です。この病気になると、徐々に肝臓の機能が失われ ていき、ついには肝硬変や肝がんに至ることもあります。B型及びC型肝炎ウイルスの患者・感染者は、合わせて300万人を超していると推定され、国内最大 の感染症とも言われています。

~ 肝臓のニックネームは“沈黙の臓器” ~
肝炎になっても、肝臓はなかなかSOSを出しませ ん。「体がだるい」と気づくころには、かなりの重症になってしまっています。でも大丈夫。肝炎ウイルスは、検査でわかります!肝炎ウイルスに感染していて も、適切な健康管理・治療で、肝炎から肝硬変や肝がんに悪化するのを予防することが可能です。
※肝炎のほとんどは、肝炎ウイルスによって起こる「ウイルス性肝炎」です。

Q.ウイルス性肝炎の検査を受けるには?

A.【どんな検査?】
肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、採血検査で判断します。短期間で済み、また、数週間で検査結果をお知らせできます。
※感染後は3ヶ月ほどたたないと、陽性にならないこともあります。

【どこで受けられるの?】
検査を受診する機会は、以下のようなものがあります。
・お住まいの市町村での健診
・お住まいの都道府県等の保健所での肝炎ウイルス検査
※実施日程や費用などは、それぞれの実施主体によって異なりますので、別途お問い合せください。

Q.感染が分かったら?

A.肝炎ウイルスに感染していたとしても、肝臓の状態は人によってまちまちです。まずは、専門医に相談しましょう。
<主な治療法方(インターフェロン治療)について>
○インターフェロンは、免疫系・炎症の調節等に作用して効果を発揮する薬剤で、ウイルス性肝炎を根治することができるものです。
○B型肝炎の場合は約3割、c型肝炎の場合は約5~9割の人が治療効果を期待できます。
※治療効果は、遺伝子型、ウイルス量などによって異なります。

Q.インターフェロン治療に対する医療費助成制度とは?

A.国と都道府県では、肝炎の有力な治療法であるインターフェロン治療について、あなたの負担額を軽減する助成を行っています。 助成の対象となるのはB型又はC型肝炎のインターフェロン治療です。あなたの世帯の所得に応じて、月当たりの医療費を軽減します。詳しくはお近くの保健所 にお問い合せください。

所在地・連絡先

〒815-0083
福岡市南区高宮3丁目19-5
  高宮グランドヒルズ1階
電話:092-531-5371

アクセス方法

【徒歩かお車でお越しの場合】
高宮通り沿いのアミカス、ローソン高宮店反対側(山側・旧TNC側)
高宮八幡宮鳥居をくぐって100メートルほど直進
(高宮郵便局がある通りの一本北側・平尾側)
高宮グランドヒルズ1階

※駐車場 クリニック前に5台分
※駐輪スペースあり

【電車でお越しの場合】
西鉄高宮駅より徒歩3分

【バスでお越しの場合】
高宮駅前バス停より徒歩3分